短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者はカードローン審査に通過できますか?

 

消費者金融や銀行のカードローン審査というと、安定した収入があることを利用条件としていますので、正社員以外の方は審査に通過できないというイメージがあるかもしれません。

 

短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者といった方々はカードローン審査に自信が持てない方もいらっしゃるでしょう。

 

確かに、正社員や一定の職場で働いているフリーターなどの方が審査にカードローン審査においては有利なのです。

 

ですが、なにも短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者といった方々が審査に通過できないというわけではありません。

 

実際のところ、消費者金融アイフルは正社員以外の方も多く利用している大手消費者金融です。

 

そこで、こちらでは短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者の方々がどうやってカードローン審査に通過できるかを解説します。

 

まず、消費者金融アイフルをはじめとして、大手消費者金融はカードローン審査にあたって、皆様に安定した収入があるか否かをしらべます。

 

短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者といった仕事は収入の安定性がないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、毎月収入を得ているということでしたら大丈夫です。

 

また、審査の際には在籍確認の電話連絡を勤め先の現場や派遣会社にしてきます。

 

アイフルも基本的には在籍確認の電話連絡をしますが、短期アルバイト、派遣社員、契約社員、準社員といった方々でしたら職場か派遣会社に電話連絡が入るので問題ありません。

 

日雇いフリーター、日雇い労働者の方の場合は職場を転々としているという方もいらっしゃるでしょうから、一回、派遣会社に登録してみましょう。

 

そうした方が仕事も安定して受けられるようになりますし、アイフルも在籍確認の電話連絡ができるようになります。

 

収入が安定していて、在籍確認の電話連絡に問題がなければ短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者の方でもアイフルのカードローン審査には通過できますので、ぜひお申し込みをご検討ください。

 

SIMガール

 

 

カードローンの審査に落とされてしまう属性とは?

 

一般的には短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者といった方々はカードローン審査で不利になるなんて言われますが、上記で説明しましたように、審査に通過することは可能です。

 

では、どういった属性だと審査落ちしてしまうのでしょうか。

 

カードローン審査に落ちてしまう原因としては「安定した収入の確保という条件が満たせていない」か「信用がない」という2点が挙げられます。

 

つまり、無職で無収入だったり、過去に返済トラブルがあって「信用」が失われてしまっているブラックの方は審査に通過できません。

 

そのため、現時点で無職の方は短期アルバイト、日払いフリーター、派遣社員、契約社員、準社員、日雇い労働者などといった方と同じように、収入を得ることから始めましょう。

 

ブラックの方の場合は、返済トラブルの情報が消えてから申し込む事を再検討してみてはいかがでしょうか。

 

SIMガール