三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査口コミを集めてみました

 

三井住友銀行カードローンはメガバンクのカードローンサービスとなりますので、高額な融資をしてもらうことも可能です。

 

しかしながら、高額な融資にはそれに伴う「信用」が必要になってきます。

 

三井住友銀行カードローンが増額(増枠)審査の際に、利用者にもとめる「信用」はかなりハードルの高いものとなっているのです。

 

そのため、中々三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査に通過できないという声が散見されます。

 

「増額できない…やっぱりもっと収入がないとダメなのか?」
「また落ちた、もう何度目だろう」
「なんか相手にもされていない気がしてきた」

 

そんなネガティブな口コミも見られますので、増額(増枠)審査に臨む際には覚悟がいるでしょう。

 

元々、増額(増枠)審査というのは厳しく行われるのが常なのです。

 

なぜならば、最初期の審査の時よりも高額なお金を貸し出すのですから、最初期の審査よりは厳しく行われます。

 

そのため、利用者の返済能力に関して三井住友銀行も時間をかけて、厳しく審査をしているので、自信を持てないという方も多いのではないでしょうか。

 

一方で、「即日でキャッシング枠を増額できた」なんていう口コミが見られるキャッシングサービスもあります。

 

それがSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですが、実はプロミスは増額審査を即日で完了させてくれることもある会社です。

 

口コミの傾向としても、プロミスでキャッシング枠を増額(増枠)できたという口コミがみられますので、三井住友銀行カードローンの増額(増枠)に自信が持てない方はプロミスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

SIMガール

 

ただ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスも無条件で利用者のキャッシング枠を増額(増枠)しているわけではありません。

 

そのため、増額(増枠)に臨むにあたってはきちんとした対策が必要ですので、決して審査を侮らないでください。

 

ですが、プロミスの増額(増枠)審査では返済能力に注目されているのですから、自分がしっかりと返済できる人物である、ということが示せれば問題ありません。

 

どうやって「返済能力がある」と認めてもらうかというと、プロミスから借りたお金を期限通りにしっかりと返済する、それを繰り返すことで返済能力を認めてもらえるのです。

 

プロミスは最低返済額も低く、インターネット返済もできるキャッシングサービスですので、返済状況を良好に保ちやすくなっております。

 

そして、返済状況が良ければ即日で増額(増枠)審査に通過する見込みも出てきますので、ぜひご利用をご検討ください。

 

SIMガール

 

 

三井住友銀行カードローンの追加融資の申請方法はインターネットですか?それとも電話番号への申請ですか?

 

そもそも、三井住友銀行カードローンは増額(増枠)の申請方法からしてハードルが高くなっているのです。

 

三井住友銀行カードローンがインターネット申し込みを受け付けるのは初回利用時だけで、増額(増枠)審査時には受け付けてくれません。

 

そのため、三井住友銀行に直接電話をかけて申請するか、自動契約機や店舗に直接行って申請するしかないのです。

 

このように、インターネット申し込みができないという点からも、三井住友銀行が増額にあまり積極的ではないということが伺えます。

 

積極性に欠ければ、当然増額(増枠)審査も厳しくなることはお察しの通りです。

 

一方、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたら会員ページからいつでも増額(増枠)を申請することができます。

 

このことからもプロミスが増額(増枠)に積極的だということが伺えます。

 

もちろん、プロミスも増額(増枠)に相応しくないと判断すれば審査に落とされますが、しっかりと返済実績を良好な状態に保っておけば審査通過の可能性は高いです。

 

また、プロミスは利用状況が良好な利用者に対しては、プロミス側から増額(増枠)を勧めてくるなんてこともありますので、ぜひ利用をご検討ください。

 

なお、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは増額(増枠)した際に金利の引き下げにも応じてくれることがあります。

 

高額なキャッシングが低金利で利用できるようになる可能性もありますので、返済はしっかりと行っておきましょう。

 

SIMガール

 

三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査に落ちてしまった場合はどうすればいいでしょうか。

 

当記事をご覧の方の中には、すでに三井住友銀行カードローンを利用していて、増額(増枠)申請したけど審査落ちした、そんな方もいらっしゃるかと思われます。

 

上記で繰り返し述べましたが、三井住友銀行カードローンは増額(増枠)審査の基準をかなり厳しくしておりますので、そういったことになるのも無理からぬことです。

 

再度、三井住友銀行カードローンに増額(増枠)申請をしてもまた落ちてしまう恐れもありますので、追加融資をしてもらいたいのでしたら別の方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは実は複数社の利用を別に禁じていないため、三井住友銀行カードローンと同時に利用することもできるのです。

 

増額(増枠)が即日で利用できるというスピード性を持ったキャッシングサービスですので、初回申込時の審査時間も早いのではと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その推測は当っており、プロミスは初回審査の最短時間が30分となっている、非常にキャッシングスピードが早い会社です。

 

複数社の利用を禁じていないため、プロミスの利用条件である「安定した収入の確保」が満たされていれば、最短時間で審査に通過することもできます。

 

ただ、三井住友銀行カードローンで返済の延滞を繰り返していたりすれば当然のことながら審査に落ちてしまうので、その点はご注意ください。

 

ですが、期日どおりの返済を心がけておけば、むしろプロミスに「返済能力がある」ということを示せるので、審査において有利になることも考えられます。

 

三井住友銀行カードローンで増額(増枠)するよりも、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスに新規申し込みをして追加融資をしてもらいましょう。

 

SIMガール